グリーン提案

緑化デザイン・エコで空間に彩りを作る

観葉植物や緑化デザイン、エコに配慮したインテリア空間の提案。

管理する方法がわからない、手間がかかるなどの問題を解決、店ごとの空間に合う最適な観葉植物をおすすめします。

手っ取り早く予算をかけずに店のイメージを変える方法は、グリーンを置くことです。

SDGが流行り緑化デザインやエコに配慮したインテリアは、時代のトレンドにもなっています。
流行りだから取り入れるという理由だけでなく、実際にグリーンは最もコスパが良いデザインツールです。

例えば、遠方からでも緑が生い茂っていて目立つ店。
店頭に植木を置き、花壇を作っているだけです。

エコ・緑化デザインのイメージ例

手入れのしやすさから店内にフェイクグリーンを使う店も多いですが、自然の植物をおく方が居心地の良さは増します。

こだわりのある緑化空間を作りたい人は、安くて手入れがしやすくても偽物は使わない方が良いではないでしょうか。
本物の植物に囲まる空間は、リラックスできて集う人の心も豊かにしてくれます。

グリーンデザイン

手入れは楽にしたい人には、土の代わりに天然の杉チップを使用した緑化商品がおすすめ。

虫もつきにくいので、室内に清潔感を求めるクリニックなどにも喜ばれています。

「スギベース」とは?

国産杉間伐材に土壌菌を配合した室内園芸用土。腐敗やカビの発生を抑え、通気性に優れるため植物の生育に最適。

多くの商業施設や店舗で採用されています。

水やりなどのお手入れも楽です。
杉チップの表面が乾いたら、器の容量の5分の1程度の水を与えるだけです。

半年過ぎると杉チップの栄養がなくなってくるので、自然素材で作られている栄養剤を与ると復活します。